華の会は出会いやすいサイトなのか?徹底検証してみます

 

世の中には色々と出会いサイトはありますが、華の会というのは中高年をターゲットにした出会いサイトです。
サイトのトップページには30才〜75才の方に向けてのコミュニテイーサイトという触れ込みのサイトです。

 

普通の出会いサイトですと、10代後半〜20代の登録者が多く30代以降の登録者は
数が少ないものなのですが、華の会ですと30代以降の登録者が多いので雰囲気はかなり落ち着いています。

 

男性にとっては若い女性が好みという人もいるかもしれませんが、同年代から年上を求める女性もいるのではないでしょうか?

 

そのような人ひとにとっては華の会のサイトは非常に使えるサイトになると思います。
中高年で出会いを求めたいけれども若い人ばかりの出会いサイトにはうんざりという人にはこのサイトは非常に貴重なものになるのではないでしょうか?

 

自分はもう若くはないといい、出会いを既に諦めている人にとりこのようなサイトで出会いを求めていくことは十分に価値があるものです。

 

女性は利用料は完全に無料、また男性は初回登録時は登録料が無料なのですが初回のポイントが1500円分つきます。

 

 

 

華の会の特長はどんなところにあるの?

華の会の特長はどんなところにあるの?

 

まずは先ほど述べました通り、男女とも登録年齢が30才以上に限定されていることが挙げられます。

 

あと気になったのが登録が分からない時に親切にも電話で教えてくれる仕組みがあることです。中高年ともなりますと、パソコンの操作になれていない方も多いかと思います。

 

そういう方を助けてくれる目的でサポートサービスがついているようです。こういうサービズはうれしい限りですね

 

本サイトの運営者はまだこの華の会で本格的に活動しているわけではないのですが、男女ともに性欲を満たすという本能的な欲望に突き動かされている人というのは比較的少ないのではないか?という気がしています。

 

性欲を満たすというより話し相手になってほしいとか再婚相手を見つけたいとか 比較的健全な目的が多いのではないかと感じました。

 

これは人により個人差が出てくると思いますが、熟年ともなると異性に対して強烈な欲望を持つ人が少なくなってくるのでしょうか

 

緩いつながり、友人とか、話し相手を求める中高年にはぴったりのサイトなのではないでしょうか?

 

華の会の口コミについて検証してみる

華の会についての口コミですが、華の会のサイト以外でもネット上ではいろいろな口コミがでています。

 

 

30代以上のサイトということなので、やはり口コミにも40〜50代以上の口コミがあります。

 

 

>こんな50過ぎのおばさんを誰が興味を持ってくれるの?と自信ははなかったのですが>何もすることがなかったので始めてみることにしました。すると同い年の会社経営者の>男性と意気投合して会うことになりました。
>当日は不安でいつぱいでしたけれど、とても優しい男性で不安どころかとても楽しい時>間を過ごすことができました。

 

>そして知り合って半年。彼からプロポーズを受けました。息子から教えてもらった華の>会メールで再婚することになるとは思っても見ませんでした。本当に感謝の気持ちしか>ありません。

 

 

 

この口コミは女性からの口コミですが、一時的名楽しみのためではなく、真剣に結婚相手を考えている女性は本当に多いですね。

華の会の評判や費用について調べてみました

華の会の費用、評判を調べてみました。

 

 

男性費用について書いてみます。
掲示板投稿      10ポイント
女性の掲示板を見る   2ポイント
女性の画像を見る    6ポイント
女性からのメールを見る 2ポイント

 

送信メールの既読チェック
足跡の履歴の削除

 

1ポイント当たり10円の料金がかかりますので、
掲示板投稿で100円の費用がかかることになります。

 

中高年のサイトではありませんが、有力なライバルサイトがあります。
そちらのサイトでは特別のメールを送付するのに20ポイントもの費用がかかります。
その競合のサイトに比べて、サービスの単価は安めかもしれません。

 

ただしこれらのサイトに共通して言えることかもしれませんが、
サービスの使いすぎは禁物です。複数の女性にやたらとメールを送ったりすると
あっという間に数千円が費消されることにつながります。

 

女性会員の費用に関して

 

完全無料になっています。同様のサイトに言えることですが
女性が有料のサイトは出会いサイトではあまり見当りません。
最近女性が有料の婚活サイトが出てきているようですが、出会いサイトでも
いずれは出てくるかもしれません。

 

 

華の会は総務省に対して第二種電気通信事業の届出を行っています。
また福岡県警に対してインターネット異性紹介届出事業の届け出を行っています。

 

総務省に対する届出は電気通信を用いるサービスであると言うことを
証明しているに過ぎないわけですが、福岡県警に対する届出はサービスに対する
信頼性を高めていますね。身分証明書や警察に対する誓約書、法務省からの書類など色々と細かい書類の提出が要求されます。犯罪歴や暴力団関係者の登録はできないことになっています。

 

 

料金や政府や警察に対する届出が既に行われていることを考えると
信頼して登録を行っても良いのではないでしょうか

 

 

トップへ戻る